「have mercy」の意味、フルハウスに出てくるフレーズの使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

「Full House」というテレビ番組を観たことがある方は「Uncle Jesse」の「have mercy!」というフレーズを聞いたことがありますか?「have mercy」はもう耐えられない時に使うフレーズで、「どうかご慈悲を!」という本来の意味になります。

Oh, have mercy!
もう耐えられない。
もうやめなさい。

しかし、「Jesse」にとって、「mercy」は決め台詞になって、「oh dear」や「oh God」に似ている「まさか!」、「あらまあ」、「おやまあ」という意味になりました。通常、ネイティブは「Jesse」ほど「have mercy」を使いません。従来、「have mercy」はキリスト教に関係がある神様に対して言われているフレーズでした。
God, have mercy on us!
神様、 哀れみたまえ!

May God have mercy upon your soul.
あなたに神がご慈悲を賜りますように。

「for mercy’s sake」というフレーズも使えます。これは、「have mercy」に似ています。

For mercy’s sake!
お願いだから!

2 件のコメント

  • さっきのは、一応、full houseのJessyの、Have mercyの訳、って事で。。。(何か誤解があるといけないと思って、追記します。)
    Have mercy本来の意味も分かるし、Jessyのニュアンスもすごく分かるんだけど、自分の中では、両者の間に少し空白、距離がありました。「もう耐えられない」っていう文が、間をつないでくれたように思います。Thank you.
    今、season2の3 あたりを見ています。 

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。