英語の最上級の形容詞、また最上級と「the」の使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

英語では「一番」や「もっとも」の意味を表す形容詞は「superlative adjectives – 形容詞の最上級」と呼ばれています。これらの形容詞には、二つの書き方があります。それは、「most」を使う最上級の形容詞と「est」を使う最上級の形容詞です。たとえば

「est」の最上級の形容詞

long は longest になります。

short は shortest になります。

「most」の最上級の形容詞

difficult は most difficultになります。

boring は most boring になります。

音節が一つの単語は、「est」の最上級になります。たとえば、

tall -> tallest

big -> biggest

また、「y」で終わる二音節の言葉も「est」の最上級になります。

easy -> easiest

crazy -> craziest

音節が二つ以上ある単語は通常、「most」を使います。

challenging -> most challenging

famous -> most famous

このルールには、三つの例外があります。それは、「far」、「good」、「bad」です。

far – > farthest/furthest

good -> best

bad -> worst

では、「最上級」の使い方をみてみましょう。通常、名詞の前に最上級を書きます。また、最上級の前に「the」を書きます。

。。。the + 形容詞 + 名詞 。。

The cheetah is the fastest animal in the world.
世界中で、チータがもっとも速い動物です。

This is the most difficult math problem I have ever seen.
こんなに難しい数学の問題は初めてみました。

名詞。。。the + 形容詞

John is the tallest.
ジョンは一番背が高い

This movie is the most interesting.
この映画が一番面白い。

僕の生徒はこの「the」をよく忘れてしまいます。しかし、ネイティブにとっては、この「the」がない時には、すごく違和感を感じます。気をつけて下さい!特に難しいのは、「the」と最上級が離れている時です。たとえば、以下の文章では、「the」を入れ忘れやすいと思います。

This dog is the second fastest.

ネイティブは何かが最上級じゃない時にも、最上級を使います。特に、何かを褒めたい時やありがたく思っている時には、この使い方を耳にします。

This is the most enjoyable birthday ever!
今日は最高に楽しい誕生日だよ!

This is the best present. Thanks!
このプレゼントは最高!

You are the best!
あなたは最高だ!

This is TV in the store. (expensive)
Is this way to get home? (quick)
This is movie I have ever seen. (boring)
This house is from the pylon. (far)
This car is I could find. (cheap)
Russia is country in the world. (large)
Houses in Paris are in Europe. (ornate)

2 件のコメント

  • Nice to meet you! I’m reading this with fun every time. I’ve found a mistake in an above question. That is second from under. (I can see “T”)
    初めまして、いつも楽しく勉強させて頂いています! 上の問題の下から2番目の問題で”T”が見えてしまってる間違いを見つけました!
    英語で自信が無かったので日本語でも書きました:( これからもたのしみにしてます!
    ps,もし良かったら、上の文章何処が間違ってるか教えて頂けたら嬉しです:)

    • Hi Chira,
      Thanks a lot for letting me know! 「t」を消しました。
      psから始まった文章ですが、ちょっと分かりませんでした。なんの文章が間違っていますか?

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。