イギリスとアメリカの違いイギリスとアメリカの違い

イギリス人は have を好みアメリカ人は take を好みます

日本語では、「お風呂に入る」や、「シャワーを浴びる」と言いますね。僕は、これらの日本語を正しく使い分けられるようになるまでに、結構な時間がかかりました。なぜかというと、イギリス人は、shower や bath に対して、通常 have を使い、アメリカ人は have より take を使うからです。日本語初心者のアメリカ人はよく、

大文字のIと小文字のI文化

もしも英語の I「私」が小文字だったら世界はより平和になるでしょうか?

なぜ英語の I「私」が大文字ですが、you「あなた」などが小文字でしょうか? 英語の I「私」が大文字ですが、you「あなた」などが小文字です。これは不合理ですね。 中世イギリスには、手書きの写本を作っている修道士にとって、小文字のi は綺麗に見えないので、大文字のIを書くようになりました。しかし、この習慣は予想もしていない結果がありました。

英語の色の見本ボキャブラリー

英語での色

皆さんは小学校や中学校で 色に関する英語表現を学んだと思いますが、実際、一般的な色以外にも英語には教科書に出てこない面白い色がたくさんあります。「cinnamon」 、「lime」、「chocolate」のように食べ物 に由来する色や、「teal」や「salmon」のように、動物の名前に由来する色、それから「rose」、「lavender」、「lilac」のように花の名前に由来する色もあります。