フレーズ

9つの口癖を使ってネイティブのように話そう

皆さんは、自分の口癖を意識したことがありますか?僕は、日本語を話す時に変な口癖が多いと友人に指摘されたことがありますが、自分ではまったく気付いていませんでした。口癖は悪いことだと思う人もいるようですが、英語を話す際に口癖があると、ネイティブっぽい喋り方になると思います。今回、ネイティブがよく使う9つの口癖を紹介します。

コックニーの英語面白い英語

Cockney ― コックニーというイギリス英語の方言の意味、説明、発音ガイド、ライミング・スラングと例

Cockneyの意味 コックニー方言とは、東ロンドンで生まれ育った人達が使う方言です。コックニーはロンドンの下町言葉という風に考えればいいと思います。コックニー方言は英語では「cockney」と言います。ロンドンはとても大きい都市なので、東ロンドンは少し曖昧な名前です。もっと厳密にいうと、「cockney」の定義はメリー・ボウという東ロンドン教会「St Mary-le-Bow」の鐘の音が聞こえる範囲で生まれ育っている人達の訛りです。この地域は英語で「East End」と呼ばれています。実は、「cockney」には二つの意味があります。「East End」の人の訛りだけではなく、その人自身も示しています。「cockney」という人のイメージは労働者階級で、東ロンドン「East End」の市で働いている人たちのことです。

ネイティブ・アメリカンの言葉面白い英語

ネイティブ・アメリカンの言葉に由来する英単語

皆さん、アメリカ先住民いわゆる「ネイティブ・アメリカン Native Americans」の言葉に由来する英語が沢山あるということを知っていますか? ネイティブ・アメリカンの言葉に由来する英語は、ネイティブ・アメリカンの道具や習慣「teeppee, tottem」はもちろん、植物や動物の名前、侮辱、日常の英語に至るまで、色々な言葉があります。

しょうがないは英語で英会話

「しょうがない」は英語で? 深刻な順で12つの表現

日本人は嫌なことにあって仕方がない時によく「人生はそういうものだ。」や「しょうがいないね。」と言うでしょう。 英語でも「しょうがない」という気持ちをよく表すので、 気軽なときの擬音語のHo hum!から深刻なときのYou had no choice!までよく耳にする12つ表現を深刻準でリストアップしました。 クマのプーさんのtiddely pom は日常会話であまり使いませんが、僕が気に入っている表現なので説明を付けました。

イギリスとアメリカの違いイギリスとアメリカの違い

イギリス人は have を好みアメリカ人は take を好みます

日本語では、「お風呂に入る」や、「シャワーを浴びる」と言いますね。僕は、これらの日本語を正しく使い分けられるようになるまでに、結構な時間がかかりました。なぜかというと、イギリス人は、shower や bath に対して、通常 have を使い、アメリカ人は have より take を使うからです。日本語初心者のアメリカ人はよく、

大文字のIと小文字のI文化

もしも英語の I「私」が小文字だったら世界はより平和になるでしょうか?

なぜ英語の I「私」が大文字ですが、you「あなた」などが小文字でしょうか? 英語の I「私」が大文字ですが、you「あなた」などが小文字です。これは不合理ですね。 中世イギリスには、手書きの写本を作っている修道士にとって、小文字のi は綺麗に見えないので、大文字のIを書くようになりました。しかし、この習慣は予想もしていない結果がありました。

英語の色の見本ボキャブラリー

英語での色

皆さんは小学校や中学校で 色に関する英語表現を学んだと思いますが、実際、一般的な色以外にも英語には教科書に出てこない面白い色がたくさんあります。「cinnamon」 、「lime」、「chocolate」のように食べ物 に由来する色や、「teal」や「salmon」のように、動物の名前に由来する色、それから「rose」、「lavender」、「lilac」のように花の名前に由来する色もあります。