pop, soda, cokeやfizzy drinks — 炭酸飲料のスラング

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。


炭酸飲料を表すスラングは地域によって大分異なります。Soft drinkやcarbonated drinkが一般的な英語ですが、普段の会話ではより砕けた英語が使われています。イギリスでは、fizzy drinkという言葉をよく耳にします。プシューという泡立つ音は英語でfizzなので、炭酸飲料の蓋を開ける時に聞こえるこの音に因んでfizzy drinkと呼ばれているのです。

アメリカの地域によっても様々なスラングが使われています。南部アメリカでは、cokeという呼び方が一般的です。通常、cokeはcoca colaというブランドの製品名ですが、南部アメリカでは、spriteやpepsiなどのこともcokeと呼んでいます。ニューヨーク州を含めるアメリカの北東部またはカリフォルニア州では、sodaという呼び名が主に使われています。現在主流の炭酸飲料が売り出される前は、ソーダ・ファウンテンという炭酸飲料が人気だったからです。
最後に、中西部では、popというスラングが一般的に使われています。これは、炭酸飲料の瓶の蓋を栓抜きで開ける時に聞こえる、popという音に由来しています。

5 件のコメント

  • 初めまして
    日本では米語が多いですが
    イギリス英語を学びたい、知りたいのでとても興味深いです。
    比較で知れるのも面白いです
    知りたい言葉を検索すると、こちらにたどり着く事が多いです。
    これからもぜひ続けて下さい!

  • 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?確かに炭酸飲料が美味しい季節ですね。
    久しぶりの更新を拝見し、嬉しくて思わずコメント投稿させていただきました。
    ご多忙とは存じますが、お身体を壊さぬようご自愛下さい。

  • Hi there, this article is very interesting. When I searched the word”炭酸 英語で” I did find this web cite. I could learn how to say “炭酸” and also know another vocabulary! Thank you.

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。