flying startと和製英語のフライングの異なる意味

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。


今年のロンドンオリンピックをテレビで観ていたら、「フライング」という言葉をよく耳にしました。日本で皆さんが普段使っている「フライング」は「フライング・スタート」の略で、合図の号砲が鳴る前にスタートをする、つまり不正スタートを意味しますね。しかし英語での「flying start」は、「助走スタート」という意味になります。
「flying start」の本来の意味が「飛ぶようなスタート」だとすると、なぜ「flying start」が「助走スタート」を意味するのかが分かるでしょう。

英語圏の国では、号砲が鳴る前にスタートしてしまうことを、「false start」と言います。

The sprinters had several false starts.
短距離選手達は何度かフライングをした。

現在の陸上で助走スタートはほとんどないので、flying startは通常比喩的に使われ、「好調なスタートを切る」という意味になります。

The New York Yankees got off to a flying start by winning two games back to back.
ニューヨークヤンキースは2連勝し、順調な滑り出しだった。

Our company got off to a flying start this year.
今年、我々の会社は好調なスタートを切った。

多くの場合、flying startを会話で使う時には、get off to a flying startというフレーズで使われています。
なぜ日本でフライングという言葉がこのような使い方をされるようになったのかは非常に興味深いところですが、ここで重要なのは「フライング」にはネガティブなニュアンスがある一方、「flying start」はとてもポジティブな意味の言葉ということです。これらの言葉の違いによって、日本人と英語圏の人の間ではいろいろな誤解が生じてしまうでしょう。

3 件のコメント

  • I want to get off to a flying start a new school term.
    Are there any mistakes in my sentences?
    上の文章でどこかおかしい部分はありますか?
    言い方とかもアドバイスお願いします。

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。