イギリス英語とアメリカ英語の違い – 句読点の4つの違い

イギリスとアメリカの句読点の違い
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

イギリス英語とアメリカ英語の一番大きな違いは発音ですが、他の面白い違いがたくさんあります。今回、句読点の4つの違いを説明します。句読点の場合、ニュージーランド、オーストラリアは通常イギリス英語を使うようです。カナダはアメリカ英語です。

Mr/Ms vs. Mr./Ms.

アメリカでは、Mr. と Ms. にピリオドを付けます。イギリスでは、Mr と Ms はピリオドを使わずに書きます。

例えば、

イギリス英語

Dear Mr Smith,

アメリカ英語

Dear Mr. Smith,

日本では、アメリカ式を学んでいる方が多いと思います。ピリオドがないMr. と Ms. を見ると、少し違和感を感じるでしょう。

時間の書き方

時間と日付の書き方も異なります。

数年前、日付の違いについての記事を書きました。

イギリス英語

イギリスでは、ピリオドを使って時間を書きます。

4.30

アメリカ英語

アメリカでは、コロンを使って時間を書きます。

4:30

引用符の違い

イギリス英語とアメリカ英語のもっとも大きい句読点の違いは引用符の使い方です。

イギリス英語では、通常single 引用符「’」を使い、アメリカでは、double引用符「”」を使います。

アメリカ英語

I don’t approve of so-called “hipsters.”
私はいわゆる「ヒプスター」を認めない。

イギリス英語

I don’t approve of so-called ‘hipsters’.
私はいわゆる「ヒプスター」を認めない。

double引用符「”」を使っているイギリス人もたまにいます。例えば、このイギリスの大学のサイトです。

引用の句読点の違い

アメリカ英語では、コンマとピリオドは必ず引用符の内側に付けます。イギリス英語では、カンマとピリオドが引用の一部の場合、引用符の内側に付けます。引用の一部ではない場合、外側に付けます。

例えば、以下の文章を見てみましょう。

Chocolate cake is the most delicious food in the world.
チョコレートケーキが世界の一番美味しい食べ物。

この文章の最後にピリオドがあり、他の句読点がないでしょう。

アメリカ英語

この文章を引用として使う場合、アメリカ英語だと、以下のようになります。

“Chocolate cake,” said Bob, “is the most delicious food in the world.”
ボブは「チョコレートケーキが世界の一番美味しい食べ物。」と言った。

アメリカ英語では、chocolate cakeに続くカンマもworldに続くピリオドも引用符の内側に付けます。

イギリス英語

イギリス英語では、以下のようになります。

‘Chocolate cake’, said Bob, ‘is the most delicious food in the world.’
ボブは「チョコレートケーキが世界の一番美味しい食べ物。」と言った。

ピリオドは元々の文章のChocolate cake is the most delicious food in the world.の一部なので、引用符の内側に付けます。しかし、そのChocolate cakeに続くカンマは元々の文章の一部ではないので、引用符の外側に付けます。

先ほど教えたイギリス英語の例では、アメリカ英語と違って、ピリオドは引用符の外側です。何故ならば、そのピリオドはhipstersの引用の一部ではないからです。

I don’t approve of so-called ‘hipsters’.
私はいわゆる「ヒプスター」を認めない。

まとめ

僕の経験上では、イギリス式とアメリカ式の引用の使い方を混ざっている日本人が多いです。やはり、アメリカ式かイギリス式どちらかを選んだ方が終始一貫があるでしょう。しかし、引用の句読点をちゃんと使っていない英語のネイティブもたくさんいるので、皆さんは間違っても大きな問題じゃないと思います。

イギリスとアメリカの句読点の違い

2 件のコメント

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。