periodの意味、打つ点だけはなく、日常会話でよく使う英語表現

periodの意味はなんでしょうか?
Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

periodは通常句読点のピリオドという意味になりますが、日常会話でperiodを使うときには、自分の決意の固さや気持ちを強調します。periodは「以上!」、「絶対に!」「本当だよ」という日本語に似ています。

periodのポジティブな使い方

いい意味で使う場合、自分のポジティブな発言を強調します。

I love everything about Hello Kitty, period.
俺はハロー・キティの全てが大好きだ、以上。

periodのネガティブな使い方

ネガティブな発言の場合、periodは「これ以上言いたくない」という意味にもなります。

Lily
I don’t like Hello Kitty, period.
私はハロー・キティが好きじゃない。全然好きじゃない!
Kirk
Fine. This friendship is over!
じゃあ、俺たちはもう友達じゃない!

イギリス英語ではperiodと言いません!

Luke
イギリス英語では、periodではなくfull stopと言います。

I will never give up eating kaki-pi. Full stop!
柿ピーを決してやめない。 絶対に!

ちなみに、イギリス英語では打つ点をfull stopと言います。イギリス英語とアメリカ英語の打つ点の使い方も異なります!

periodとfull stopは文章の最後に付け加えるだけなので、とても使いやすいです。

periodの使い方
発言 + コンマ + period

ぜひ使ってみてね!

コメントをどうぞ

記事を書いたLukeについて

英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。