「回」は英語でどう数えるのでしょうか ー「once」、「twice」、「two times」などの使い分け

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。


英語で回数を数えたい場合はどう表せば良いのでしょうか。通常、物や生き物の数え方などは英語より日本語の方が難しいですが、回数の場合は英語の方が複雑でしょう。まず、「一回、一度」は「once」という英語になります。

I’ve been to Australia once.
私は一度オーストラリアに行った。

ネイティブはたまに「one time」も使います。例えば、一回だけ何かをして、それを強調したい時です。

I have been skiing one time before, but I never want to go again.
僕は一回スキーをしたけど、もう一生行きたくない。

しかし、「one time」より「once」の方が確実に多く使われているので、「one time」は使わない方が良いでしょう。 
次に、「二回、二度」には「twice」と「two times」、二つの言い方があります。「twice」の方が正確な英語ですが、インフォーマルな英語でネイティブはよく「two times」も使います。ですので、文章を書く場合は「twice」を使った方が良いですが、普通の会話ではどちらでも大丈夫です。また、「two times」は「twice」よりもう少し表現力が高いので、インフォーマルな英語で他の回数と比較される場合は「two times」がよく使われています。

This meeting is held twice a year.
このミーティングは年に二回開きます。

I’ve won an Oscar once, but I’ve won an Emmy two times.
俺はアカデミー賞を一度受賞したけど、エミー賞は二度も受賞したよ。

次に「三回、三度」を見てみましょう。「三回、三度」にも「three times」と「thrice」二つの言い方があります。しかし、「thrice」を使うと、古めかしい印象を与えます。現在、ほとんどの場合ネイティブは「three times」を使っています。

My car is three times faster than yours.
俺の車はお前の車より三倍速い。

「回」や「度」より、「once」、「twice」などの英語の方が広い意味で使えるので、上記の例文のように「倍」の意味にもなります。
4回以上の場合は、「times」のみを使います。例えば、

I work seven days a week.
僕は週に7回働いている。

3 件のコメント

  • Hi, Luke.
    I like your website! You posted this topic long time ago but if you could answer for me.
    My husband is Australian and I’m studying English… When I say “two times” he always corrects me ‘not two times! twice!’ Why ??? I thought two times is ok to say …
    ex. I went there two times. (should i say ‘ twice’?)

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。