avoid like the plague の意味とは ー 嫌なことを避ける時に使うフレーズ

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

Avoid like the plagueという表現は極めて古いものになります。4世紀のSt Jeromeという、ラテン語で聖書を書いた人物もこの表現をラテン語で使っています。そして現在もavoid like the plagueは日常会話で使われています。1600年間使われているなんて、脅威の持久力ですね。しかしこの表現は決して良いものではないのです。まず、plagueは「疫病」、そしてavoidは「避ける」という意味になります。医師や家族等でない限り、多くの人は疫病にかかっている人との接触を出来る限り避けたいでしょう。しかし現在avoid like the plagueは、風邪や感染病にかかった人に対して使われている訳ではありません。
Avoid like the plague_1

X I am avoiding my friend like the plague because he caught a cold.
X 友達が風邪をひいたので、僕は彼を疫病患者のように避けている。

上記のような発言はとても失礼ですね。このような使い方はしません。では現在はどのように使われているかというと、とても混雑している場所などに対して使われています。例えば、人混みが好きじゃない人は、休日のディズニーランドや週末の渋谷のスクランブル交差点を避けたいことでしょう。そんな時こそ、avoid like the plagueがぴったりです。

On Saturdays, I avoid Shibuya like the plague.
土曜日の渋谷には絶対に行かない。

また、嫌な印象を持っている人に対してもavoid like the plagueをよく使います。怒りっぽい人、性格が悪い人、退屈な人などです。

I avoid Pete like the plague. He always tries to start an argument with me.
僕はピートには絶対近寄らないようにしている。彼はいつも喧嘩を売ろうとしてくるんだ。

コメントをどうぞ

記事を書いたLukeについて

英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。