ぼーっとするは英語で何と言うのでしょうか?

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

困ったことに僕は性格上、「ぼーっとしてた」というフレーズをよく使わなければならないのですが、今日は「ぼーっとする」を英語で表現したい場合はどう言えば良いのかを説明したいと思います。まず、日本語のぼーっとするには大まかに分けて二つの異なる状態がありますね。何も考えずに、または他の事を考えていてぼーっとする状態と、体調が優れず頭がぼーっとする状態です。では前者の状態の英語から考えてみましょう。
「spacing out」というスラングが有ります。誰かが話しているのにも関わらず、自分は全く違うことを考えてしまって会話の流れについていけなかった時などに、このスラングが役立つでしょう。残念ながら僕はよくこの状態になります。

Oh, I’m really sorry. I just kind of spaced out. What did you say again?
あぁ、本当ごめん。ちょっとぼーっとしちゃった。もう一回言ってくれる?

Serena:Hey, John. John! John! Are you listening to me?
John:Huh? What? Oh sorry. I like totally spaced out for a moment there.
セリーナ: ねぇ、ジョン。ジョンてば!聞いてんの?
ジョン:えっ?何?あっ、ごめん。一瞬完全にぼーっとしちゃったよ。

次に、「daydreaming」というフレーズをみてみましょう。「I was just daydreaming.」というフレーズでよく使われています。

Lily:Can you hear me?
Ella:Oh, sorry. I was just daydreaming.
リリー:聞こえてる?
エラ:あっ、ごめん。ちょっとぼーっとしてた。

先生は以下のフレーズをよく使います。

Stop daydreaming and pay attention to the lesson.
ぼーっとしていないでレッスンに集中しなさい。

そして「thinking about something else」というフレーズもよく使われています。

Oh, my bad. I was just thinking about something else.
あぁ、ごめんごめん。全然違うこと考えてた。

しかし体調が優れなくて頭がぼーっとする場合は、今までの表現とは全く異なります。その場合は「dazed」を使うと良いでしょう。

Man, I am feeling dazed.
ヤバい、頭がぼーっとしてる。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

3 件のコメント

  • ぼーっとするの説明、すごく分かり易かったです!
    覚えて使うと便利ですね!
    ありがとうございます!!

  • I really like Luke’s explanations!!
    It would be really good if Luke could write some of the explanations of Jpanese words in English though…
    <3 <3 ありがとうございます!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *