ROFLの意味、インターネットでの略語と日常会話での動詞の使い分け

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

ROFLとはrolling on the floor laughingの略語で、床の上を笑いながら転げ回るという意味になります。実際に床で笑い転げる人は稀だと思いますが、恥ずかしながら僕は子供の頃、Mr. Beanを観ながら本当にROFLをしていた気がします。ほとんどの場合ROFLは比喩的で、大爆笑という意味で使われています。メールやチャットでROFLは以下のように使います。

That’s hilarious. ROFL
それマジウケるわ(爆)

ROFL This TV show is funny as shit, man.
クソワロタwwwおい このテレビ番組クソ面白いじゃねーか。

既にお気付きの方も居ると思いますが、ROFLとLOLの使い方はとても似ています。しかしROFLは床の上を笑いながら転げ回るという言葉の略語なので、声を出して笑うを意味すLOLより強い意味になります。ちなみに、ROFLは単語として発音するので、声に出すなら通常roffelという発音になります。

動詞のROFL

通常の英語としても使われるようになったインターネットスラングは少ないと思いますが、今ROFLは日常会話でも使われています。インターネット上でない場合、たまに、ROFLは大爆笑ではなく、遊びながら時間が過ぎていくという意味になる動詞です。少し曖昧な説明かもしれませんが、イメージとして面白いYoutubeビデオを観ている人はroflingです。また、仲間と一緒にフットサルをしている人もroflingでしょう。

Steven: What are you up to?
Alexander: Just rofling around with the lads.
スティーブン: 今何してんの?
アレキサンダー: 仲間と暇つぶしてるよ。

このような動詞の使い方は最近流行り出したので、分からないネイティブも多いかもしれません。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

1 個のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *