「almost」の意味、また「almost」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。


「Almost! Almost!」というフレーズはどういう意味でしょうか。このフレーズはスポーツで人を応援する時によく使われています。「もう少し、もう少しだよ!」という意味になります。また、誰かが成功しそうだけど成功していない時にも「almost」で相手を慰めます。

多くの場合、「almost」は文章で使われていて、「ほとんど」や「しそうになった」という意味になります。例えば、「I almost died.」は「死ぬところだった。」また、「I almost forgot.」は「忘れるところだった。」です。

最後に、「almost all」をいうフレーズをよく耳にします。「ほとんどすべての」という意味になります。「almost all Japanese people」は「日本人のほとんど」です。「almost all of the employees」は「ほとんどすべての社員」です。
以下に「almost」を使う例文を書きます。
(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

Oh, I almost forgot. Can you buy some milk?
忘れるところだった。牛乳を買ってくれる?

We’re almost there now.
もうすぐ着くよ。

Almost all of the people almost fainted.
人のほとんどが気を失いかけた。

3 件のコメント

  • イングランドのサッカーの試合を観ていると、シュートがポストに当たった時、「Almost!!」と実況が叫びます。

  • ‘almost’,’most’ and ‘Oh’ have UK’s pronunciation of ‘əʊ’ in common.
    By the way,How are ‘almost’ and ‘most’ different?
    For example,how do the following two phrases differ?
    1. ‘ almost all of the employees’
    2. ‘most of the communications’

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。