英語での褒め言葉 ー ネイティブはどのように人を褒めるでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

今回は、日常会話で使える褒め言葉について説明します。家族や恋人が何か成功した時、友人や同僚が何かを成し遂げた時など、相手にどのような言葉をかければ良いのでしょうか。

まず、イギリスやアメリカでは、誰かが何か素晴らしいことなどをして褒める時に、驚きを表す言葉がよく使われています。 
例えば、友人が何か良い理由で新聞に載ったら、「wow, that’s amazing!」のように言ったりします。
それが、さほど驚くようなことではなくても、多くのネイティブは「wow」や「no way」のような驚きの言葉を使います。 
いつくかの例文を挙げます。

“Hey, guess what? Yesterday I ran a half marathon!”
友達が、電話してきて、以下の事を言います。

「ちょっと聞いてよ。昨日、ハーフマラソンに出た!」

皆さんは、このように答えることができます。

1.“No way, that’s awesome!”

2.“Really? Are you kidding me? That’s great.”

3.“That’s unbelievable.”

4.“Wow! That’s briliant.”

5.“That’s incredible!”

「no way!」、「really?」、「wow!」は驚きを表し、「incredible」は、「ビックリするぐらい凄い」というニュアンスです。
次は、褒め言葉の構文を見てみましょう。上記の全ての例文にもあった通り、よく「That」を形容詞の前に置きます。この場合の「that」は、相手が言った事を表しています。そして、「That」の後には「‘s」を付けます。「’s」は「is」の略語ですが、「that」の後に「is」を付けると、少しかしこまった感じがして不自然なので、「that’s」を使った方が良いでしょう。
基本的な褒め言葉の構文
驚きを示す言葉 + that + ‘s + 副詞 + 形容詞
褒め言葉の構文は他にも沢山ありますが、僕が一番よく使ったり耳にしたりするのは上記の構文です。
次は、よく使われている形容詞を見てみしょう。
ネイティブでも特にアメリカ人は、控えめに褒めると少し冷たい感じがするという感覚があるので、相手を大げさに褒める人が多いです。しかし、例えば「good」は「良い」という意味ですが、褒める時に「good」だけではちょっと足りないと思うので、アメリカ人相手じゃなくても「very good」と言った方が良いでしょう。
good はよいという意味だけど、人を褒めている時「good」だけではちょっと足りないと思うので、「very good」と言ったほうがいいです。「That’s good.」を、感情を込められていない声で言うと、冷たく、皮肉っぽいほど聞こえます。
great:アメリカでは、褒め言葉の中でこれが一番使われていると思います。
amazing:greatより強いニュアンスの言葉です。
fantastic:amazingと同じくらいの強さの言葉です。
superb:amazingと同じくらいの強さの言葉です。
brilliant: amazing と同じようなニュアンスの言葉ですが、イギリス英語です。
incredible:amazingより強いニュアンスの言葉です。
perfect:「完璧な」という意味ですが、本当に完璧な場合にだけに使う訳ではないので、「incredible」と同じくらいの強さの言葉だと思います。
cool :若者言葉で、greatと同じようなニュアンスの言葉です。
awesome:若者言葉で、coolより強いニュアンスの言葉です。
最後に、that’sと形容詞の間に入れる副詞を見てみましょう。
perfectly:これには副詞を組み合わせない方が良いです。「perfectly」には「100%」という意味があるので、副詞を付けてそれ以上にするのは論理的に変だからです。
very:「good」と「cool」のみと組み合わせることが出来るでしょう。それ以外の言葉と「very」を組み合わせると、少し違和感があります。なぜなら、「great」や「amazing」という言葉には、すでに「very」のようなニュアンスが含まれているからです。
really、truly:この2つの言葉は「very」と違って、先ほど挙げた形容詞の大半と組み合わせられます。ただ、「really good」はよく使われていますが、「truly good」は少し違和感があります。
absolutely:「極めて」という意味なので、強い響きのある形容詞と一緒によく使われています。
fucking:皆さんもご存知の通り、これは下品な言葉です。それなので場所や相手を選んでしか使えませんが、先ほど挙げた形容詞の全てと組み合わせられます。仲の良い友人と話すならとても便利ですね。
この話題についてのクイズがあるので、興味のある方は以下のリンクをクリックして下さい。
英語の褒め言葉のクイズ

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

15 件のコメント

  • 非常に説明が判り易く、英語で受験を失敗し、未だに英語コンプレックスの強い私にとっては、大変参考になりました。有難う御座います。

  • はじめまして、Lukeさん:)
    いつもこのサイトで楽しく英語の勉強をさせてもらってます、
    赤い枠の上から2つ目の、”Are you kidding me?”
    という表現は「馬鹿にしてんの?」って意味だと
    思ってたんですけど、ここでは少し意味が違いますよね?
    ケンカ以外では他にどういった使い方ができるんですか?

  • Your lesson is soooo useful and easy to understand!!
    I always see one page every night and learn a lot
    I enjoy using slangs I knew from this website
    I really appreciate you improving my English and promoting my motivation! 😀

  • brilliant ‼︎
    最近、ここを見つけました。素晴らしいですね‼︎ 賢い方だと思い、ありがたく読ませて頂いています。

  • 突然すみません。
    iKnowという英語サイトのhttp://blog.iknow.jp/posts/2449
    の記事の内容が、Lukeさんのこの記事の内容に良く似ているのですが…
    今流行りの剽窃でしょうか…
    不適切でしたら削除して下さい。
    お知らせ迄。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *