no wayの意味と使い方 ー 否定も感動も表せる便利なスラング

  

「no way」というスラングは、日常会話、テレビ、映画、歌の歌詞など、英語圏の国にいたらほぼ毎日耳にします。基本、この「no way」は、「無理」や、「可能性は0パーセント」、「あり得ない、信じられない」などという意味です。つまり理不尽だと思った時や反論したい時などに使います。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、上の文章を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1. I have been awake since four this morning.
No way!
今朝は4時から起きてるよ。
嘘でしょ!?

2.I am going to go skydiving then afterwards go for a ten mile swim. You want to join me?
No way!
私はスカイダイビングをして、その後10マイル泳ぎに行くよ。あなたも一緒に行かない?
えーっ、絶対に嫌!

3 So, do you like Jane?
No way!
なぁ、お前ジェーンのこと好きだろ?
まさか!

また、「no way」は反論だけではなく、感動を表す言葉としても使えます。この場合の意味は、「すごい!」や「素晴らしい!」になります。つまり、信じられないぐらい素晴らしいという意味なので、先程説明した、「no way」の使い方とも関係してきます。「no way」をより自然に、ネイティブっぽく使う為には、相手の言ったことを質問として繰り返し、その後に「no way」と言うのが良いでしょう。

4. You got a horse? No way!
馬を買ったって?ハンパないね!

5. You got a big raise? No way! That’s great!
給料が上がったの?すごいじゃん!いいね!

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ