「see something」の意味、天文学者と昔の船員がよく使う英語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

レーダーやGPSがある前の時代、長い時間船に乗っていて、やっと陸が見えてきた時には、船員が、「I can see something」と叫びました。意味は今まで海ばかり見ていたが、突然陸が見えるようになりました。「see something.」や「can see something」という英語のフレーズは見ている物がみにくい時に使います。つまり、自分が見ている物は何かまだ分からないけど、何かが見えます。例文をみてみましょう。

ハイキングをする時に、はるか遠くに何かが見える時は、以下のように言います。
Hey, I can see something. Wait, I think it’s Jane.
ねえ、何かが見えるよ。ああ、ジェインだと思う。
また、目がみえない人が手術を受けて、見えるようになった時には、「I can see something.」という台詞もふさわしいです。

Doctor: Can you see anything?
Patient: Yes, I think I can see something. I can see a strange light.
医師:何か見えますか?
患者:はい、見えます。不思議な明かりが見えます。

最後に、友達と一緒に小さい望遠鏡を使って、銀河を探している時にも「I can see something.」と言えます。

Wait, I think I can see something. Is that a galaxy? It’s really blurry.
ええ、何かが見えると思う。それは銀河だと思う?めちゃぼやけた物だよね。

「hear」は「see」と同じように使えます。たとえば、ききにくい音に聞こえた時には、「I can hear something」と言えます。
夜に泥棒が自分の家に侵入し、音が立った時には、

Oh my God, I think I heard something.
やばい、何か聞こえたよ。

また、泥棒をちらりと見た時には、

Oh my God, I think I saw something.
やばい、何か見えたよ。

これらのフレーズは英語圏のホラー映画で頻繁に耳にします。

1 個のコメント

  • こんにちわ。いつも楽しく拝見させてもらっています。
    教えてほしい表現があるのですが、
    ビデオに自分の顔が映ってしまった場合に、
    「ちらりと自分の顔が見えてしまった」
    と言いたいとき、どのような表現を使えばよいのでしょうか?a glimpse of は口語でもよく使うのでしょうか?
    宜しくお願いします。

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。