voidの意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

法律では、「void」は「valid」の反意語で、「無効の」という意味になります。これは名詞や動詞として使えます。この使い方はよく契約で見かけます。

I am afraid this agreement is void.
残念なことに、この合意は無効です。

We will void this transaction.
私たちはこの取引を無効にします。

また、「void」には「かけた」や「ない」という意味もあります。

This plan is completely void of sense.
この計画はまったく意味がないよ。

「void」の本来の意味は「空間」や「虚空」です。

I stared into the void.
私は虚空を見つめていた。

コメントをどうぞ

記事を書いたLukeについて

英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。