「pretty good」の意味、また「pretty good」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「pretty good」は少々難しい言葉だと思います。「とてもいいですね」か「まあまあですね」と両方の意味になります。「pretty good」の言い方によって、相手は意味が分かります。明るそうに「pretty good」と言われたら、相手がとても元気です。だるそうに「pretty good」と言われたら、相手がそれほど元気じゃないです。なぜなれば、「pretty」は二つの働きをするからです。たまに、「とても」や「very」という働きをします。たまに「まあまあ」という働きをします。もちろん、この場合は、「pretty」には奇麗に全く関係がありません。以下に「 pretty good」を使う例文があります。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

How are you doing?
Pretty good!
元気?
うん、めちゃ元気だよ。

How are you doing?
Pretty good.
元気?
まあまあ。

He’s pretty good at English.
英語とかすごいもんね。

He’s pretty good at English.
彼は英語がまあまあ上手ですね。

1 個のコメント

  • ある動画では「まあまあ」という意味だと言い切っていたので、言い方で変わるという事をしれてよかったです。意識して使いたいと思います。

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。