「keep it real」の意味と使い方  ネイティブはいつこのフレーズを使うのでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「keep it real」というフレーズはヒッピーの考え方に基づいていると思います。誰かに、「keep it real」と言うと、「自分だけに大事なことを大事にしてよ」という意味になります。例えば、お金、名声、仕事などではなく、友達、愛、人間関係、自分の夢などをを大事にして下さい。また、「自分らしく人生を送ってよ」、「自分だけの生き方を見つけてよ」という意味にもなります。そこで、「keep it real」は「be yourself」や「do not be fake」という英語のフレーズに似ているでしょう。

Hey man, you got to keep it real. You got to keep it sane!
よ、格好つけるなよ。現実的になれ.

それで、「keep it real」は格好付けている人や誠実じゃない人に言います。しかし、現在は「keep it real」はたまに別れ言葉としても使われています。つまり、「またね」の意味で「keep it real」を使うアメリカ人が多くいます。この使い方は「be cool!」に似ているでしょう。

See you, then.
Yeah, keep it real man.
じゃあね。
うん、元気でね。

それで、「keep it real」は「自分らしくしよう」という意味になりますが、実際「keep it real」の意味を考えずに適当に使っているネイティブが多いと思います。

1 個のコメント

  • 捨てようとした帽子に
    このスラングが刺繍してあり
    意味を知りたくて調べたら
    こういう意味だったんですね
    スラング=良くない英語と言うイメージだったので
    スラングの偏見がなくなり
    良い意味の言葉っぽくて安心しました
    と言っても10年近くも知らずにかぶってましたけど(笑)

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。