「hang on」の意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

基本的な「hang on」の意味は、「つかまる」です。多くの場合、「to」という前置詞をつけて使います。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1.He hung on to the branch.
彼は枝につかまった。

「hang on」のイメージは、全力で何かにつかまるというものですが、状況によっては、「hang on」を、「掴む」という意味でも使います。

2.He had to hang on to his hat as he walked through the gale.
彼は強風を通って歩いたので、帽子をしっかりと掴んだ。

このフレーズは、ものだけではなく、アイディア、目的、考え方に対しても
使えます。

3.She hung on to her old way of thinking.
彼女は古い考え方にしがみついた。

4.They hung on Jane’s every word.
ジェーンの話に、一心に耳を傾けた。

また、「hang on」には幾つかの表現があります。例えば、「Hang on a minute.」は「ちょっと待ってください。」の意味で使われていて、「hang on a second」という言い方もあります。
少し不思議ですが、「hang on a second」と「hang on a minute」のニュアンスはほぼ同じで、相手はどちらを言われても、同じぐらいの時間待ってくれるでしょう。イギリス人はたまに、「hang on a sec」という砕けた略を使
います。

5.Could you hang on a second? I have to get my coat.
少し待って貰えますか?私はコートを取りに行かなくては。

3 件のコメント

  • はじめましてどうぞよろしくお願いします。
    Which FSM boarder would you like to hang with? この文章のhang withの意味を教えてください。

  • Hello.
    I’ve listened to your sound files to hear the differences between ‘ hung ‘ and ‘ hang ‘.
    ‘ Hang ‘ is a little bit louder sound than ‘ hung ‘.
    ‘ Could you hang on a second? ‘ would be used when placing calls.
    Could you hang on a second? = One moment please. = Just a moment please.

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。