OOTDの意味と正しい使い方 – インスタグラムでよく見かける英語のスラング

OOTDの意味は
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

OOTDはインスタグラムやツイッターなどのSNSでよく見かけますが、正しい意味と使い方は知っていますか? OOTDはoutfit of the dayを略して、英語圏で大変よく使われる表現です。そこで、今回OOTDの意味、使い方を説明したいと思います。

ootdの意味と使い方

OOTDはoutfit of the dayという略になります。「今日の服装の組合せ」という意味です。日本語で、今日のコードというスラングに似ているでしょう。

My OOTD is a red dress.
今日のコードは赤いワンピースだよ。

おしゃれなファッションをして、友達に自慢したいとき、OOTDは役に立つ略語です。

Check out my new Doctor Martens! #OOTD
新しいドクターマーチンを見て!#今日の服装

インスタグラムを使って、#ootdというハッシュタグを自分のファッションの写真に付けると、世界とシェアーができます。

Super comfy #ootd 
今日の服装はめちゃ心地いい。

What do you think of my OOTD? #TBT
今日の服装はどう?

ちなみに、TBTの略語もインスタグラムでよく使われていますが、TBTの意味がわかりますか?

ちなみに、大文字と小文字のootdは両方使えます。そして、よく見かけるootdの間違いはootdの後にtodayを付けることです。ootdに「今日」の意味はすでに含まれています。

OOTNの意味 – 夜の服装

OOTDは昼間に着る服装ですが、夜の服装はOOTNになります。

Outfit of the night #ootn

A post shared by 英語 with Luke (@eigowithluke) on

OOTNはoutfit of the nightの略語です。夜にパーティーやクラブに行くときに、この略語を使います。

This is my OOTN.
Love it! And your eyebrows are on fleek!

on fleekは眉毛に対してよく使うスラングです。

他の写真の英語の単語

写真の英語のスラングのselfiephotobombも正しく使えますか?

OOTDの意味は

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。