introductionの意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

introductionには二つの意味があります。それは「導入」と「紹介」です。まず「導入」を意味するintroductionをみてみましょう。

With the introduction of the five-day week, school children become more cheerful.
週5日制の導入で、学生はもっと陽気になった。

We decided to introduce foreign technology into the system.
私たちは外国の技術をシステムに導入しようと決めました。

次に、紹介を意味する「introduction」と見てみましょう。

First, let us make some introductions.
まず、色々な人を紹介しましょう。

This is a man who needs no introductions.
この男性は紹介には及ばない。

コメントをどうぞ

記事を書いたLukeについて

英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。