「all but」の意味とは、文法の説明

Luke

こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。今週、僕が書いたオノマトペ(擬態語・語音後)についての本 が出版されました。是非チェックしてみて下さい!

「all but」には二つの使い方があります。まず、「の他は皆」を意味する「all but」をみてみましょう。この使い方では、一つのグループや一人以外は皆は何かをする時に使います。

All but the youngest children went to the meeting.
もっとも小さい子供以外は皆そのミーティングに出席した。

「all but」は「ほとんど」という意味にもなります。

The tower had all but collapsed.
タワーはほとんど倒れそうだった。

She was all but dead.
彼女は死んだも同然です。

1 個のコメント

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。