「gross」の意味 ビジネス英語で使う時にはどういう意味になるでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

「gross」という英単語は数字だということを知っていましたか? 実際、ネイティブの小学生はよく「How much is a gross? – 「gross」というのはどれほどですか?」と聞かれます。
答えは「144」です。つまり、「a gross of eggs」は「144 eggs」です。通常、ネイティブは卵とパンを数える時に「gross」を「144」という意味で使います。それで、英語圏のパン屋さんに行ったら、この言葉を聞くかもしれません。
ちなみに「gross」を数字として使う時には、「dozen」と同様に冠詞を使わないといけません。たまに「great gross」という言葉も見かけます。

dozen = 12
gross = 144
great gross = 1728

職場では、「gross」は形容詞として使われて、「総計」という意味になります。以下のフレーズはよく新聞で見かけます。

gross profits  総利益
gross income   総収入
gross weight  総重量
gross domestic product 国内総生産
gross national product 国民総生産

会話では、「gross domestic product」ではなく、「GDP」と発音をします。
次に、動詞の「gross」を紹介します。この使い方は主にビジネス英語で使われていて、「総収益をあげる」という意味になります。

This year, our company grossed one hundredd million dollars.
今年、我々の会社は100万ドルの総収益になりました。

ちなみに、スラングの「gross」を説明した記事も書きました。
http://www.eigowithluke.com/2011/02/gross/

2 件のコメント

  • In Japanese, “グロス” means polish or shiny thing on the skin or lip.
    I’m wondering the connection of these word, so, looking out English Dictionary.
    I can make sense that in Japanese “グロス” comes from “gloss” in English….

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。