extraの意味とは、名詞と形容詞の使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

extraは複雑な単語で、「余分の」や「特別な」という意味になります。名詞と形容詞の働きもします。まず名詞の使い方をみてみましょう。

形容詞の場合

There is no extra cost.
追加料金はないです。

Can you give me an extra hour.
あと一時間いただけますか?
名詞の場合
追加のお金や追加のオプションなどについて話す時に英語で、「extra money」や「extra options」と言えますが、ネイティブはよく「extra」や「extras」だけ言います。以下の例文をみてみましょう。
You will need to pay extra.
余分なお金を払わないといけない。
There are some extras that you can download.
追加オプションがダウンロード出来ます。

1 個のコメント

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。