「to」の意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

「to」は方向を表す前置詞です。「to」は日本語の「へ」、「に」、「まで」に似ています。

I turned to my friend.
私は友達に向かって振り返った。

The fought to the last man.
最後の一人まで戦っていた。

The road was parallel to the river.
道路は川に並行していた。

「go」の後に「to」をよく付けます。

I would like to go to London.
私はロンドンに行きたい。

また、toで「目的」を表すことができます。これは「のために」に似ているでしょう。

What is the key to success?
成功の秘訣はなんでしょう?

また、「to」は不定詞を示します。この場合、「to」で二つの動詞を組み合わせることができます。

to eat
食べる

to sleep
寝る

I have decided to eat.
私は食べようと決めた。

I am waiting to go home.
私は帰るのを待っている。

2 件のコメント

  • ‘ What is the key to success?’
    In such a way,’key ‘ does not mean only ‘ a ​piece of ​metal ‘.
    It’s the thing that you must do in order to achieve something.
    For instance,
    ‘ This is the key to validatING.'( not validate = not infinitive )
    In this case,’ the key ‘ means the best or only way to ​achieve something.
    However,why is the preposition of ‘ To ‘ not followed by ‘ infinitive in the previous
    sentence?
    Non- native people who are in also other
    countries think that ‘To ‘ is followed by ‘ infintive’.
    But,we often see that ‘To’ is followed by ‘ ING- form ‘.
    It seems almost people do not achieve the answer To the enruiry .
    Ultimately,I think that the key is a word of ‘ key ‘.
    Because,there is a rule that ‘ key ‘ is followed by ‘ to ‘.
    There is also rule that ‘ answer ‘ is followed by ‘ to ‘.
    It is the same rule as ‘ road ‘ is followed by ‘ to ‘.
    So,the sentence does not include ‘ to-infinitive ‘,using verb ,though.
    Perhaps,native people want to express the word after ‘ to ‘ as like noun for direction or destination.
    For example,it means that ‘ the road to West ‘.
    Look at the sentence,’ This is the key to validating.’ again.
    ‘ Validating ‘ is used as ‘ Noun ‘ using ‘ Ing-form ‘ after ‘ To ‘.

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。