drink like a fishはどういう意味でしょうか? ー 魚が入った英語のフレーズ

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

英語には、日本語と同様に、魚を使った言い回しがたくさんあります。今回、三つの表現を紹介したいと思います。

drink like a fish は「魚のように飲む」という意味ではない

英語圏のバーに行って You drink like a fish. と言われたら、意味は「あなたは金魚のようにパクパクと口を開けて飲んでいる」ではなく、「あなたはお酒をガンガン飲む」や「たくさんのお酒を飲む」になります。それで、「お酒好きですか?」と聞かれたら、Absolutely! I drink like a fish.というふうに答えたら、面白いでしょう。

My friend drank like a fish yesterday, and now he has a terrible hangover. How predictable!
友達は昨日飲み過ぎて、今ひどい二日酔いだ。当然の成り行きだね。

like a fish out of water

僕はイギリスの田舎で育てられたので、アメリカの都会に引っ越した時には、I felt like a fish out of water.という気分でした。馴染みがない暮らしを始める時には、like a fish out of waterというフレーズがピッタリです。魚は水の中の生き物なので、陸に上がったら、困るでしょう。このような場合、日本語では「場違いな」や「勝手が違う」と言うでしょう。知らない人が多いパーティーに行く時には、feel like a fish out of waterというフレーズが役に立つでしょう。

When country people move to the city, they sometimes feel like a fish out of water.
田舎の人は、都会に引っ越したら、時々場違いな気分になります。

bigger fish to fry

bigger fish to fry は「もっと大事なことがある」という意味になります。 このくだけたフレーズは more important things to do という英語に似ています。 小さな魚には骨がたくさんあり、食べられる部分があまりないので、焼いて食べるのは面倒くさいでしょう。大きな魚を焼いて食べた方が楽ですね。このフレーズはよくアメリカの職場で耳にします。例えば、重要じゃない仕事をするより、自分が得をする仕事に集中する時に使います。

Let’s not sweat the small stuff. We’ve got bigger fish to fry.
細かいことについて考えないで。大事なことに集中しよう。

★「 小さいことを気にかける」を意味するsweat the small stuffというアメリカ英語のフレーズもよく使われています。
★ bigger fish to fryの代わりに、other fish to fryとも言えます。意味は同じです。

stop fishing

stop fishingというフレーズについての記事もあります。このフレーズは使えますか?

2 件のコメント

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。