amenは賛美歌だけではなく日常会話でも使えます

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

amen は 「そうありますように」を意味する古代ヘブライ語の単語です。キリスト教徒はamenを賛美歌やお祈りの時に使います。特に、お祈りを結ぶ時に唱えます。
面白いことに、カトリック教徒はamenのAを eɪ で発音するのに対し、プロテスタント教徒はɑː で発音します。

ところで、amenはくだけた英語としてもよく使われています。何かに賛成する時に、amenと言えます。これは I agree. という英語に似ていますが、I agree. より強い意味があり、「心から賛成する」や「大賛成する」という日本語に近いです。この使い方は、FacebookやTwitterなどでよく見かけます。
amenをスラングとして使うと、キリスト教徒などを不愉快にしてしまうのではないかと悩む方がいるかもしれませんが、これに対して腹を立てるネイティブが居るという話を聞いたことはありません。

Our country needs a leader like Bernie Sanders right now.
Amen sister.
今、我が国はバーニー・サンダースのようなリーダーが必要だ。
絶対にそうだ!

There are way too many ramen restaurants in this town.
Amen to that.
この街には、ラーメンのレストランが多すぎるよ!
本当にその通り!

amenはto thatとよく一緒に使います。
僕は子供の頃、祖父の家でご飯を食べる時、家族の皆はテーブルについてから、感謝の祈りを唱えて、amenと言いました。amenと言い終わると、皆はすぐに食べ始めました。それ以来、僕はamenという言葉を耳にすると、パブロフの犬のようによだれが出てきます。これは日本人が「いただきます」を聞いた時と同じ反応でしょう。

1 個のコメント

  • カトリック、プロテスタントと言う事ではなくて、英語圏の人がエイメンと言うのではありませんか? アメリカの黒人霊歌でもエイメンと言う歌がありますが、あれはカトリック教会ではありません。
    少なくとも日本のカトリック教会では、アメンと言ってます。

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。