「the time has come 」の意味、また「the time has come」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

「the time has come」というフレーズは「時が来た」という意味になります。例えば、ネイティブが「the time has come for to say goodbye」という時には、「お別れを言わなければならないときが来た」という意味になります。日本人は「the time has come」というフレーズを使う時には、よく定冠詞を忘れますが、「the time」と言わないといけないです。たまに、「the time has come」だけが使われています。その時には、「潮時だ」という意味になります。以下に「the time has come」を使う例文を書きました。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

The time has come.
いよいよだ。

The time has come for me to find a new job.
私は新しい仕事を探す時になった。

The time has come for us to talk.
私達は話をする時になった。

2 件のコメント

  • 初めまして!
    最近ここの存在を知り、いつも楽しく拝見させていただいております。
    質問なのですが、
    「the time has come for to say goodbye」
    この場合のforは必要なのですか?
    「The time has come for us to talk.」
    の場合は、for + 人、で必要なのがわかるのですが・・・
    上はusが省略されていると言うことなのでしょうか。
    これからも楽しみにしています!!

  • Hi Luke,
    I just wanted to thank u for your wonderful website. I teach English conversation in Japan, and refer to your page quite often to get tips.
    Yesterday my student wanted to know how to say たれ目 in English and I told her that I have never heard that term used in the states. I said ” droopy ” is probably as close as it gets, but its not the same. Do you have any suggestions? Thank u.

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。