英語で第二次世界大戦について話す時の「the」の使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

僕は、子供の頃から歴史にとても興味があったので、誰かと戦争の話をするのが好きです。
日本に住み始めた頃、よく行っていた焼き鳥屋がありました。そこの店主も戦争の話をするのが好きだったので意気投合しよく話していたのですが、僕は第二次世界大戦という日本語を覚えるのがとても大変でした。

しばらくは、第二世界戦争や、第二世界大戦などと言っていたと思います。しかし最近気付いたのは、日本人にとっても第二次世界大戦を英語できちんと言うのは、少し難しいのではないかということです。なぜなら、the Second World War と World War II 、2つの言い方があるからです。そして、見て分かる通り、the Second World War には定冠詞の the を付けますが、World War II には絶対に the を付けません。一見あってもなくてもどちらでも良さそうですが、ネイティブにとってこの間違いはとても気になります。

I think that the turning point of the Second World War was Stalingrad.
第二次世界大戦の転機ってスタリングラードだと思うんだよな。

No, I think that World War II’s turning point was the Battle of Britain.
いや、第二次世界大戦の転機はバトル・オブ・ブリテンだろ。

では、なぜ the Second World War には the が必要なのに、World War II には the が必要ないのでしょうか。
second は序数なので、序数の前には the を付ける決まりがありますね。

She is the second best mathematician in the world.
彼女は数学者の中で世界第2位です。

World War Second と言ってしまう日本人もいますが、これは間違いです。正しいのは、World War II で、II を two と読みます。
以下の図では、ネイティブが Second World War と World War II をどのような頻度で使っているかが分かります。
Second World War
ちなみに、World War II を省略する際には、WWII となります。
日本人と第二次世界大戦の話をしたいネイティヴも大勢いると思うので、そのような場面に遭遇したら、the の使い方に注意して下さいね。

4 件のコメント

  • 会話上で省略してWW2と言うネイティヴの方はいるのでしょうか?
    それともやっぱり省略するのは文章上だけでしょうか?

  • I work outside of the UK, and from here, the entire UK market looks to be about the size of California. So I am always amazed at how insular the London ad scene can be for what is essentially regional work. NY, SF and LA can be the same way sometimes but a national running campaign has a much larger audience with less shared cultural senibiilsties. So wen you’re feeling like London is the center of the universe, it might help to take a step back sometimes and realize there’s a whole other world out there. I know it would help George W.

  • こんにちは。
    更新された記事をトイレに貼って(トイレですみません…)中学生の子供と共に家族で楽しく拝見しています。
    そんなわけで、壁に貼られた文章をじーっと見つめる時間もあり…日々、書かれた文章を見つめる中で…
    Lukeさんが「僕は…誰かと戦争の話をするのが好きです。」と書かれた日本語がなんとなく居心地が悪く落ち着かないでいました。
    「誰かと戦争の話をするのが好き」
    と書くと、文章自体は全く変ではないのですがなんとなくLukeさんが好戦的な人に聞こえてしまうような気がしました。
    「誰かと戦争について(その時代について)語り合うのが好き」
    「焼き鳥屋の店主も戦争の話をよくした」
    このような言い回しだと歴史的観点や体験などから戦争について思索をめぐらせるのが好きなのだな…と、感じられるような気がしました。
    Lukeさんの書かれている日本語はいつもすばらしいですし、私の全くの主観的な感想ですので正しい指摘かどうかもわからず申し訳ありませんが。。。
    なんとなくしっくりこない感じがあったので、翻訳もされているLukeさんのこと、何かのお役に立てば…とコメントしました。
    これからも目から鱗が落ちるような言葉と文化の発見、楽しみにしています。
    いつもありがとうございます。

  • 日本では第二次世界大戦より単純に「戦争」と言う人が1番多いと思いますよ。2番目が第二次世界大戦。
    アメリカと違って日本は四六時中戦争してないし最後の戦争が第二次世界大戦なので、戦争といえば第二次世界大戦を指します。

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。