Stop fishing! の2つの意味

つりの英語
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。


皆さんの周りには、「そんなことないよ」と言って貰いたかったり、相手に褒めてもらいたいが為に自分のことを悪く言う人は居ませんか?

I’m so bad at English.
No, you’re not. You’re great at English!
僕の英語って下手だよね。
そんなことないよ、君の英語は素晴らしいよ!

これは大人より子供の方がしそうですが、このような言動は fishing for compliments といいます。compliments「褒め言葉」と fishing「釣り」から出来た fishing for compliments は、「相手から褒め言葉を釣る」のようなニュアンスになります。そんな言動にうんざりしている場合には、Stop fishing! や Stop fishing for compliments! と言います。

I’m so bad at English.
Stop fishing! You know your English is great.
僕の英語って下手だよね。
そういうのやめて!自分の英語が素晴らしいって分かってるんでしょ。

Stop fishing!のもう1つの意味は、文字通り「釣りをやめて下さい」になります。

Hey! Stop fishing on my land! This is private property.
おい!俺の土地で釣りをすんな、ここは私有地だ!

つりの英語

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

4 件のコメント

    • 意味が違うとおもいます。Stop fishing!の場合、相手が褒めてもらいたいから自分について悪いことを言います。日本語の辞書によると、「おだてないで」はあることをさせようという意図をもって、人を褒めるということです。それは Stop flattering me!という英語に近いです。

  • 日本でもfishing for complimentsをする人はたくさんいます.周りはfishing for complimentsだとわかっていても,「そんなことない」よと返します.
    英語ではその状況でstopと言うことに驚き,またとても興味深く思いました.

  • Hi Luke,
    It’s interesting way of thought..(lol)
    Anyway,the meaning of adjective “private ” in the phrase of ” This is private property. ”
    has several synonyms:
    ( adjective ):( example )
    ・personal: personal account 
    ・one’s own: access one’s own data
    ・individual: individual account number
    ・particular: particular interests
    ・special: special dog bed
    ・exclusive: exclusive authority
    ・privately owned: privately owned company
    And,antonym:
    ・public: the Public WiFi service

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *