「cf.」の意味と使い方 — 論文、レポート、本でよく見かける略語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

レボート、論文、本などでは、「cf.」という略語をよく見かけます。「cf.」はラテン語の「confer」の略語です。

cf.の意味と使い方

ラテン語の「confer」は英語の「confer」と違って、「一緒にする – bring together」という意味です。また、ラテン語の「confer」は命令形なので、「一緒にしましょう」という意味になります。それは「cf.」の語源ですが、一方、英語圏のネイティブは「cf.」を「compare – 比較する」という意味で使います。例文をみてみましょう。

Cars are required to stop at traffic lights. (Vehicle Code section 4), pedestrians are not (cf. Pedestrian Code section 3).
車は信号で止まらないといけません。「自動車法 4課」一方で、歩行者は信号で止まる必要はありません。「歩行者法3課と比較」

例文にある「cf.」はどういう意味になるでしょうか。信号では、車は必ず止まらないといけません。しかし、別な法律によると、歩道者は止まる必要があります。それを参考したい方には、自動車法と歩道者法を比較して下さい。
つまり、読者に何か別な論文や別な法と比べて欲しい時には、「cf.」を使います。皆さん、意味がわかりますか? 

論文のcf.

「cf.」には、もう一つの意味があります。それは「参照して下さい」です。

Flies prefer honey to jam. Cf. Smith (1952).
ハエはジャムより蜂蜜を好みます。

これが生物学の論文だとすれば、学者は「ハエはジャムより蜂蜜が好きだという証拠を見たい方は1952に発表された「Smith」の論文を見て下さい」と伝えています。「参考して下さい」と「比較して下さい」の意味は似ているでしょう。しかし、「比較」の「cf.」はある論文に他の論文と内容が少し違う場合に使います。
厳密にいうと、「cf.」は「比較して下さい」という意味だけで使ったほうがいいのですが、ネイティブは両方の意味で使っています。

cf.の発音

ちなみに「cf.」を読む時には、「confer」ではなく、英語の「compare」と発音します。また、書く時には「c.f.」ではなく「cf.」を書くのは正しいですね。真ん中のドットがありません。

2 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.

    ABOUTこの記事をかいた人

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。