「via」の意味 —  ツイッターでの使い方、旅行での使い方 

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

今回、「via」の意味と使い方を解説します。ツイッターを使う方はよく「via」を見かけると思います。「twitter」での使い方は後ほど説明しますが、ここでは、まず「via」の基本的な意味をみてみましょう。「via」とは、「を由来して」という意味で、通常の英語でいうと、「by way of」になります。実際、「via」は「道」を意味するラテン語に由来します。実際、英語の「via」はまだ旅行の話で使われています。例えば、

He flew via London to Paris.
彼はロンドン経由の飛行機でパリーへ行った。

She came back home to Japan via Hong Kong.
彼女は香港経由で日本へ帰った。

多くの場合、「via」は車の話ではなく飛行機、船、電車の話で使います。
郵便やメールの話でも「via」を見かけます。どんな方法で手紙を送るかを特定する時に使います。この使い方はよくビジネス英語に見られます。

I am going send the letters via airmail.
私は航空便で手紙を送るよ。

I will send the diagram to you via email.
私はメールで図をお送りします。

最後に、「via」は「によって」や「の媒介で」という意味にもなります。

He succeeded via hard work.
彼は一生懸命働くことによって成功した。

She read “1Q84” via the English translation.
彼女は1Q84を英語版で読んだ。

では、「via」は「Twitter」では、どのように使われているのでしょうか。
「via@ツール名」の場合は、そのツイートはそのツールによって投稿されたということを示します。「そのツールによって」という意味ですね。

Good morning! via TwitBird

「via @ ユーザー名」の場合は、そのツイートはそのユーザーの引用をしめします。「そのユーザー経由で」という意味ですね。

Hey everyone! via @eigowithluke

多くの場合、Twitterの「via」と「RT – retweet」は同じ意味になります。
皆さん、「via」の意味が分かりますか?「via」はラテン語に由来する英語なので、通常の英語より堅い感じがします。友達と話している時には「via」をそれほど使いません。

6 件のコメント

  • I have more interest in English words and phrases via eigowithLuke, this site.
    I enjoy to read detailed nuance between English and Japanese.
    I ‘m looking forward to your next article.
    Thank you.

  • 冒頭に書かれている「を由来して」は、「を経由して」に訂正なさる方が良いですね。
    「由来」は、「Aを由来とするB」「Aに由来するB」などの形で、源(original)や始まりを意味しますから。
    ちなみに、「経由」の「経」は「径(みち)」に字が似ているので、wayの感触で繋がっているんだろうな…と、僕は(勝手に)想像しています。
    (実際に、「〜を経る(へる)」は、「〜を通る」に近い意味です。)

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。