「moron」の意味と使い方 (ネイティブのスラング辞典と英語発音辞典)

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「moron」という侮辱的な表現をよくアメリカの映画やテレビドラマで耳にします。基本的に「moron」は「頭がよくない」という意味で使いますが、多くの場合、馬鹿馬鹿しい行動をやっている人に対して使われます。女子中学生や女子高生はよく男子生徒を子供っぽいと思っていて、男子生徒に対して「you are such a moron」としょっちゅう言います。「moron」は女性に対しても使えますが、やはり「moron」は男性の馬鹿馬鹿しい行動を侮辱するのに、ぴったりです。ちなみに、「moron」と言う時には、たいてい「such a」を付けます。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1. What are you doing? You are such a moron.
ねえ、何してんの? あんたは本当に馬鹿ね。

2. My brother is a complete moron. Yesterday, he tried to drink milk with his nose.
私の弟は本当に馬鹿だよ。昨日、鼻で牛乳を飲もうとしたの。

「馬鹿馬鹿しい」を意味する「moronic」という形容詞もあります。「moron」は若者がよく使うスラングなのに対して、「moronic」は通常の言葉で、文学にも出てきます。

3. His moronic behavior stained the reputation of our firm.
彼の馬鹿馬鹿しい行動はわれわれの会社の評判を悪くした。

従来、「moron」は医療用語で、8歳から12歳までの精神年齢を持っている大人という定義でした。いうまでもなく、現在は医師は「moron」を使いません。「moron」以外は医療用語がスラングになったケースを思い出せません。「moron」は面白い言葉でしょう。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *