clickbaitの意味と使い方、薄っぺらな記事やビデオに対して使うスラング

clickbaitの意味
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

clickbaitは意図的に誤解させようとする記事、SNS、Youtubeビデオ、広告などに対して使います。clickbaitの見出しが面白そうですが、記事を読んでみると、内容が薄っぺらで見出しと関連性が乏しいです。この理由で、clickbaitはネットユーザーに嫌われているでしょう。

日本語では、clickbaitは「釣りタイトル」、「クリックベイト」、「釣り記事」と言います。

clickbaitの由来

clickは「クリック」という意味で、baitは「餌」や「おとり」という意味です。通常、baitは狩りで熊などを罠におびき寄せる餌です。しかし、clickbait はネットユーザーの興味を引く餌という意味になります。

clickbaitの例文

ではclickbaitの例文を見てみましょう。

This title is just clickbait.
これはただの釣りタイトルです。

All these articles are clickbait.
これらは全部釣り記事です。

That video looked really interesting, but it turned out to be just clickbait!
そのビデオはめちゃ面白そうだだったけど、結局ただのクリックベイトだった!

There is a lot of clickbait on Youtube!
ユーチューブにはクリックベイトがたくさんある。

clickbaitとクリックベイトの違い

名詞のclickbaitとクリックベイトは同じ意味ですが、クリックベイトと違って、英語のclickbaitは動詞としても使えます。この場合、意味は「食いつかせる」や「興味を引いて、騙される」です。

Damn it. I just got clickbaited again!
ちくしょう。また食いつかされた!

また、たまにclickbaityというスラングも耳にします。これはちゃんとした英語ではないですが、たまに英語のネイティブはこのようにclickbaitを形容詞として使います。

That’s such a clickbaity title!
その見出しはとてもクリックベイトっぽい!

clickbaitの意味

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。