my badの意味と使い方 (ネイティブのスラング辞典と英語発音辞典)

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「my bad」は相手によくないことをしてしまい、謝る時などに使います。「私が悪い」や「すまない」などという意味です。大体の場合は軽いミスに対しての、謝るのがかっこよくないから謝りたくない 10代の人が使うフレーズです。にに使うケースが多いです。そこで、本当に罪悪感がある時や、心から謝罪したい時には、別のフレーズを使ったほうがいいでしょう。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、上の文章を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1. 人 A: Hey, did you just get mud on the floor?
人 B:Oh, my bad!
人 A:ちょっと待って!さっき、床に泥を付けたの?
人 B:ああ、僕のミスだ。

2. 人 A: Did you spill coffee on my book?
人 B:Whoops. My bad!
人 A:今僕の本にコーヒーをこぼしただろ?
人 B:ごめんね。僕のミスだよ。

上の文から考えると、多くの場合誰かから非難された時に、「my bad」が使われていると分かります。つまり、このフレーズをいきなり言ったら、使い方が少し不自然です。自分から謝る時には、別な言い方を使ったほうがいいです。
「Clueless」という映画では、カリフォルニアの高校生の役を演じたAlicia Silverstoneが、このフレーズを面白そうに使っていたので、「Clueless」の影響で2000年の前半は「my bad」が流行語になりました。は人気になりました。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

1 個のコメント

  • Hi, Luke.
    毎回興味深い表現を、辞書にはない細かいニュアンスまで説明していただき、感謝しています。
    “My Bad”は「ごめん、ごめん。」にとても似ていますね。
    不適切な場合に使うと、「本当に悪いと思っているの!?」となる点や、あまり深刻に謝罪したくない場合に使う点で、両者とも同じニュアンスを持っているように思えます。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *