ご注意ください!  恥ずかしい思いをしてしまう英語と米語の混同 The Jumper

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

When I was 13, I had a rather embarrassing incident involving a jumper. I was a freshman at an American high school and had just recently moved from England.

僕が13歳の時、jumperに関する相当恥ずかしい出来事があった。私はイギリスから引越したばかりのアメリカの高校生だった。

It was a green, woolen jumper, not exactly what you could call fashionable. My aunt had given it to me for Christmas.

必ずしもおしゃれとは言えないような緑色で、ニットのjumperだった。 クリスマスに叔母さんから貰った。

One day I left it on a chair in the science lab, and when I went to collect it another class had already started. I quietly opened the door and tried tip-toeing to the back of the room so the teacher wouldn’t notice.

ある日、科学の研究室の椅子に置き忘れた。 取りに行った時には、別の授業がもう始まっていた。静かに、ドアを開けて、先生が気付かないように、つま先で研究室の奥まで歩こうとした。

However, just as I was about to reach over to grab the jumper, the teacher turned to me and said, “Hey, we’re in the middle of a class here.”

しかし、jumperに手を出そうとしたところ、先生は、僕のほうに向いて、”こら、今授業中でしょう!”っと言った。

“Sorry”, I said.
“What on earth are you doing?”
僕は”すみません”と言った。
先生は“いったい、何をしているの?”

“Er, I’m just going to get my jumper.”
“What?” said the teacher incredulously.
”ただ、jumperを取りに行こうと思ったのですが。。”
”何?”先生が信じられないように言った。

The whole class turned to look at me.
“I left my jumper here. It was a bit cold, so I just needed to quickly get it.”
“Since when have boys started wearing jumpers! Unbelievable!”
クラスの皆は振り返って、僕のほうを向いた。
”Jumperをここに置き忘れました。ちょっと寒かったから、すぐに欲しかったと思ってたんです。”
”男の子はいつから、jumperを着るようになったの! 本当に信じられないね。”

The class broke out into laughter. I quickly grabbed the jumper and ran out of the room. I had no idea what the teacher was talking about or why the kids had just laughing at me.

クラス中が笑い出した。僕はすぐにjumperを取って、研究室から走り去った。何について先生っが話しているのか、どうして、子供たちが笑っているのか、まったく分からなかった。

I remained in a state of confusion until a friend explained to me that, unlike in England, where a jumper means a sweatshirt or a pullover, in America, a jumper means a sleeveless dress.

友達が説明してくれるまでに、そのまま、僕は混乱していた。 友達は、イギリスではjumperはもちろんセーターの意味するけど アメリカではjumperっていう洋服はワンピースの意味するって。 ああ、なるほどねと僕は思った。

ところでは、jumperはもうひとつの意味がある。それはあまりよい意味じゃないけど、ビルから飛び降り自殺する人のことだ。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

1 個のコメント

  • たしか、コン・エアーでマルコビッチが、
    ”if your dick jumps out. u jump out!”なんて言ってましたね。
    日本ではジャンパーは上着として普通に利用されています。
    私の父も母も、私自身も何回死んでいるんだか、数えきれませんわ。
    みんな、本当に英語と米語の違いを理解してないのかもしれないです。
    嫌な思い出でしたね。子どもって時々残酷ですよね。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *