新造語の「iPhonegate」はどういう意味でしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

「iPhonegate」は2010年の春から始まったスキャンダルです。 
先週、バーで誰かが無くした時期の「iPhone」のプロトタイプはGizmodoというオンライン雑誌に売られました。
それでAppleの新しい「iPhone」の情報がばれました。次は、警察が捜査を行って、「iPhonegate」という新語が生まれました。

でも、どうして「gate」が「iPhone」に付けられたんでしょうか? なぜならば、「gate」という接尾語はウォーターゲート事件というアメリカの政治スキャンダルに由来しているからです。それから、スキャンダルを説明する時に、色んな名詞に付けるようになりました。

2009年には、タイガー・ウッズの不倫スキャンダルのきっかけで、Tigergate という新語が作られた。

「Terrygate」は、「John Terry」というイギリスのサッカー選手が浮気したスキャンダルを説明している。

「Bill Clinton」の浮気には、「gate」の言葉がよく使われていました。 例えば、Monicagate, Lewinskygate, Sexgate, Zippergate, Tailgate, Troopergate.

http://en.wikipedia.org/wiki/Lewinsky_scandal

http://en.wikipedia.org/wiki/Troopergate_(Bill_Clinton)

注意:

Gateを付ける時は、固有名詞になるから、最初の文字は大文字にするのは忘れないでください。

Gateは浮気のスキャンダルだけではなくて、何のスキャンダルに対しても使える言葉だ。

Gateが使う言葉の詳細な一覧を見たい人は、

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_scandals_with_”-gate”_suffix のページが面白いと思います。

これから、日本語で、ゲートを付けて、色んな言葉を作るのはどうでしょう? 大沢ゲートはいい響きがあるんじゃないでしょうか。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。