海外の美容室で使える英語

  

僕がイギリスからアメリカに引っ越し、初めて散髪をしてもらいに行った際、いくつかの問題があったのを覚えています。

一番印象深かったのは、How would you like your bangs? と聞かれたのですが、質問の意味がさっぱり分からなかったことです。イギリスでは、bang は爆発の擬音語です。僕は What’s a bang? と聞きました。すると美容師は僕の前髪を触りながら、This thing.と答えました。イギリスでは、前髪のことをfringe と言うので、僕はとても驚きました。

英語では、美容室の呼び方も色々あります。

hair salon
beauty salon
the salon

床屋は、barber’s や barbershop といいます。

そして、美容師は

hair dresser
stylist

などと呼びます。

まず、髪を切ってもらいたいなら、誰かにオススメのお店を紹介してもらうと良いでしょう。

Do you know any good places where I can get my haircut?
髪を切りたいんですが、どこか良いお店を知ってますか?

美容室に入って、どのようにしたいか伝える場合、

I would like to get/have ….

というフレーズをよく使います。

例えば、

I would like to get my bangs cut.
I would like to have my fringe cut.
前髪を切って下さい。

アメリカ英語の bangs は複数形で使いますが、イギリス英語の fringe は単数形になります。

I would like to get my hair 〜
私の髪の毛を〜

straightened ストレートにしたい

dyed /colored 染めたい

curled カールしたい

layered レイヤーにしたい

bleached 脱色したい

thinned すいてほしい

Can I get/have … ?  という英語も使えます

Can I get highlights?
ハイライトしてもらえますか?

Can I have a perm?
パーマをかけてもらえますか?

Can I get a blow-dry?
ブロウしてください。

Can you cut my sideburns shorter?
もみあげを短くしてください。

trim  整髪してもらいたい時には、trim を使います。

Can I just get a trim?
整髪してもらいたいだけです。

Can you trim my split ends?
枝毛を切ってもらえる?

どのような髪型にしたいか決めてない場合や分からない場合は、

What kind of haircut do you recommend?
おすすめはの髪型はなんですか?

と言ってみても良いでしょう。

また、坊主にする男性も多くいます。アメリカで坊主は buzz cut といいますが、イギリスでは、crew cut といいます。お店で坊主にしてくださいと頼むと、美容師は、

What number would you like?

と言います。

その場合、数字で答えましょう。number 1が一番短い坊主で、number 6は一番長い坊主です。

I would like a number 2.
2番の坊主でお願いします。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ