life goes onの意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「life goes on」というフレーズは「人生は続く」という意味になります。たとえば、悲しい時や失敗した時に、人を慰めるために「life goes on」を使います。「life goes on」は日本語の「しょうがない」の使い方に似ているでしょう。

Oh well, life goes on.
それでも人生は続く。

It seems like life goes on in England, despite the recent riots.
暴動があったにも関わらず、イギリスの生活は普段と変わらないようです。

1 個のコメント

  • Hi Ruke!!
    I have been in Vancouver sinceApril 13th.
    I often read this online.
    I like it.
    It is difficult to learn english.
    However, I will try my best.
    Thank you.

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.

    ABOUTこの記事をかいた人

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。