「material girl」の意味と使い方、このマドンナの曲の題名になった英語は通常どのように使われているのでしょうか

  

「material girl」はマドンナの代表的な曲ですが、「material girl」というフレーズは普通の英語としても使われています。「material girl」は愛情やロマンスより、お金や物のほうを重要視する女性というような意味になります。なので、「material girl」と呼ばれている女性は、男性からの愛やロマンスより、お金やプレゼントを求めています。そして「material girls」は豪華な物が好きなので、ブランド服などをいつも着ています。要するに、「material girl」は「物欲の強い若い女性」という意味になります。

Jenny is such a material girl. When she found out that Pete didn’t have as much money as he said he did, she left him.
ジェニーって本当に物欲が強い女性だよね。ピートが、言ってるほどお金持って無いって知った途端、すぐに彼をふったもんね。

ちなみに、「Material Girl」というマドンナの曲に出てくる「material world」というフレーズも使います。「material world」は「物質界」というような意味になります。

We are living in a material world.
我々は物質界に住んでいる。

Everyone is always thinking about what new gizmo or car to buy next.
Yeah, well what can you expect? We’re living in a material world.
皆はいつも、次はどんな新しい電化製品やどんな車を買おうか考えてるね。
そうね、当たり前じゃない?私たちは物質が大事な世界に住んでいるからね。

著者のLukeについてのページはこちらです。 11月に「さすが! 」は英語でなんと言う? という新しい本が出版されます! 

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ