南アフリカの英語の紹介 〜 微妙を意味するや、「ja-nee」良いを意味する「lekker」などのフレーズ

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。


今回、南アフリカ英語の特徴について紹介したいと思います。僕は南アフリカに行ったことはありませんが、東京に南アフリカ人の友達が居るので、出来るだけ正確な情報を教えられると思います。
アメリカ人が南アフリカ人の英語の発音を聞いた場合、その人がオーストラリア人かと思うことがあります。しかし、世慣れしている英語のネイティブは南アフリカ英語とオーストラリア英語の発音の違いが分かります。
南アフリカは多様性に富んだ国で、国民は英語だけではなく、アフリカーンス語やズールー語など様々な言語を話します。そのため、南アフリカ英語もこれらの言葉から強い影響を受けているのです。

アフリカーンス語はオランド語に似ていて、「yes」は「ja」で、「no」は「nee」です。これら二つの単語から出来たとても役に立ちそうな「ja-nee」というフレーズがあります。「ja-nee」は「yes」か「no」かはっきり答えたくない時に使います。

Do you like eating natto?
Ja-nee.
納豆食べるの好き?
どうだろう。

次は、「braai」という単語を紹介します。「braai」は南アフリカ風のバーベキューのことをいいます。皆で公園に集まり一緒に「braai」をし、楽しみます。
皆さんも美味しい「braai」を食べたら、「lekker」という単語を使いたくなるかもしれませんね。「lekker」は「nice」にニュアンスが似ています。

How did you like the braai?
It was really lekker!
バーベキューはどうだった?
めっちゃ美味しかった!

最後に、「now now」と「just now」というフレーズを紹介します。通常の英語では、「just now」は「ちょうど今」という意味になりますが、南アフリカ英語で「just now」と「now now」は数分から数時間まで幅広く使われています。

Hold on! I’ll be there now now.
ちょっと待ってて!すぐに行くよ。

I’ll see you just now.
またしばらくしたら会おうね。

アメリカ人やイギリス人は南アフリカの英語を使わないので、上記のようなフレーズを聞いたら混乱してしまいますね。

1 個のコメント

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。