worthの意味とは、「worth it」の使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「worth」はよくお金の話で出て来て、「価値がある」という意味になります。たとえば、ある物は3ドルの価値がある場合、「That thing is worth 3 dollars.」です。「その物は3ドルの価値がある。」と言えます。

This house is worth over a hundred million yen.
この家は一億円を超えている。

お金ではない場合にも、「worth」は使えます。

Going to London is definitely worth it.
ロンドンに行くのは本当に価値がある。

「worth a visit」や「worth the effort」というフレーズをよく見かけます。

Climbing Mount Fuji is definitely worth the effort.
富士山を登るだけの価値がある。

Paris is definitely worth a visit.
パリに行ってみる価値が十分にある。

コメントをどうぞ

記事を書いたLukeについて

英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。