イギリス英語とアメリカ英語の違い – 物の数え方

複数系の違い
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

メガネは一つの物なのに、英語では複数系として扱われていることが不思議だと思ったことはありませんか?日本ではメガネは一つのものとして捉えられますが、英語圏の国ではレンズが二つあるので、それを複数系とみなし、glassesが使われます。

通常、イギリスとアメリカでは、単語の数え方は同じように扱われていますが、たまに違う扱いがあります。例えば、イギリス人にとって、チャックは複数系として捉えられていますが、アメリカでは、チャックは単数扱いです。イギリスではチャックは外したときに二つになるもので、複数系として捉えられています。一方で、アメリカではチャックは外しても単数として数えられます。イギリス人はチャックを常に外しているわけではないです。

イギリス英語

Your flies are undone!
あなたのズボンのチャックが開いてるよ。

アメリカ英語

Your fly is undone.
あなたのズボンのチャックが開いてるよ。

イギリスでは、秤は複数系ですが、アメリカでは秤は単数系です。昔の秤は天秤の形だったので、イギリス人はそのまま複数系のscalesを使っています。アメリカ人は単数系のscaleと使っています。

イギリス英語

I just weighed myself on the scales.
私は体重を量ったばかり。

アメリカ英語

I just used the scale.
私は体重を量ったばかり。

逆に、アメリカでは、スクランブルエッグは複数系のscrambled eggsになり、イギリスで単数のscrambled eggになります。アメリカ人の考え方はスクランブルエッグにたくさんの卵が入っているからです。イギリス人の考え方はスクランブルエッグは一つのものになるのです。

イギリス英語

Can you make some scrambled egg?
スクランブルエッグは作ってもらえる?

アメリカ英語

Can you make some scrambled eggs?
スクランブルエッグは作ってもらえる?

複数系の違い

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。