ramp upの意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

ramp upという動詞は「強める」や「強化」するという意味になります。「ramp up」はビジネス英語でよく使われています。たとえば、工場で生産を増やしたい時に「ramp up」と言えます。

We need to start ramping up production to prepare for Christmas!
クリスマスのために、生産を増やさないと行けないね!

After 9/11, security was ramped up in airports.
9・11の後、空港のセキュリティは強化された。

The company decided to ramp up its IT service capabilities.
会社はITサービス能力を高めようと決めた。

ramp-up periodともたまに耳にします。そのフレーズの意味は起動時です。

2 件のコメント

  • Glad to find this site.
    May I suggest that “ramp up” has a strong correlation with the oil refinery industry?
    Can it mean ” to start drilling up” oil?

  • Hi,Luke
    The phrasal verb:” ramp up ” for production has also the opposit meaning by adding the preposition of ” down ” after a word of ” rump “.
    The transformation of ” ramp up ” is the noun of “ramp-up” which means “a Large increase” in Business English.
    So,I mean ” ramp up ” is primarily used about “manufacturer”.
    ・”manufacturER” (noun) = ” a company that produces goods in Large numbers”.
    * For example:” computer manufacturer ”
    “manufacturE” differs from ” “manufacturER” .
    ・”manufacturE” (verb) = ” to produce goods in Large numbers, usually in a factory using machines ”
    * For example:” manufacturing companies “

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。