「come what may」の意味、また「come what may」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「come what may」は「どんなことがあっても」や「何が起ころうと」という意味になります。「come what may」は諺ではないですが、諺っぽい文章でよく使われています。つまり、少々フォーマルなフレーズですね。多くの場合「come what may」で文章を始めます。以下に「come what may」を使う例文があります。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

Come what may, I want to be an actor.
私はどうしても俳優になりたいの。

Come what may, I am prepared for it.
何が起ころうと、私は覚悟しているよ。

2 件のコメント

  • とても役に立つサイトをありがとうございます。ネイティブの人
    が説明してくれるのは嬉しいですね。
    ところで、[フォマル]は[フォーマル]、[歌手]は[俳優]ではないかと思います。

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。