「キレる」という意味の fly off the handle という表現の語源は何でしょう。

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

「怒る」を意味する面白い日本語は沢山ありますね。僕が特に好きな言葉は「ぷんぷんする」、「ブチギレる」、「腹が立つ」です。英語 には、怒りを表す面白いフレーズが結構あります。その中の、fly off the handleは特に不思議なフレーズだと思います。

fly off the handleは「かっとなった」、「キレる」という意味ですが、文字通りに訳すと、「柄から抜けて飛び出す」になります。fly off the handleは、フライパンなどが柄から抜けたと考えますが、実際、このhandleは斧の柄です。
fly off the handleはアメリカのフレーズで、木こりが斧で木などを伐り倒そうとする時に、その斧の先が抜けて飛んでしまうということですね。こういうことは昔のアメリカではよく起こり、木こりはかっとなったのでしょう。それから、fly off the handleは「怒り出す」いう意味で使われるようになりました。例をあげるなら、以下のややこしい英文が考えられますね。

The lumberjack struck a tree with his axe, and he flew off the handle when the axe head itself flew off the handle.
木こりは斧で木を叩いたら、斧の先が抜けて飛び出したので、急に怒り出した。

誰かが自制心を失い、急に怒り出す時にfly off the handleはぴったりです。fly off the handleは特に、些細なことがあって、それに対して怒り出す時によく使います。また、これといった理由もないのにかっとなる時にも使えます。
なぜかわからないですが、僕の家族は料理をする時に、よくfly off the handleの状態になります。

When I spilt some sugar on the floor, my mom flew off the handle.
私が砂糖を床にこぼしたら、母はかっとなった。

fly off the handleの代わりに、 lose one’s cool、lose it、go ballistic という表現も使えます。
fly off the handleは日常会話ではよく使われていますが、インフォーマルな英語です。
何かの原因で怒り出すということを表すには、fly off the handleにatを付けます。

fly off the handle + at + 怒る原因

When my boyfriend is drunk, he flies off the handle at the slightest thing.
彼氏が酔っている時は、つまらないことで急に怒る。

1 個のコメント

  • I teach English. I have asked many native speaking friends of mine the origin of the phrase =flying off the handle=, but nobody knew it.Now I got the answer! I thank you a lot!
    Fakafetai lasi lasi.
    (ARIGATOUGOZAIMASU, in my second tongue, Tuvaluan)

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。