keep upの意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

「keep up」は「ついていく」という意味になります。例えば、他の人に遅れないように急ぐ時に「keep up」を使います。

I had to run to keep up with friend.
友達についていくために走っていた。


移動する時だけではなく、勉強している時にも「keep up」を使います。たとえば、ある学生はクラスメートに付いていけない場合以下のような英語が使えます。

Frank can’t keep up with the other students.
フランクは他の生徒に勉強がついていけない。

また、ファションやトレンドの話では、「keep up」は流行についていくという意味になります。

It is difficult keeping up with the latest trend.
最近のトレンドについていくのは難しいです。

最後に「keep it up」というフレーズをよく耳にします。「keep it up」はそのままの調子頑張ってくださいという意味です。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。