honeyの意味とは、愛情を表しているスラング

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

通常、honeyは蜂蜜という意味になりますが、アメリカ人はよく愛しているや可愛がっている人に対して使います。特に、夫婦が「honey」を使うので、仕事から帰ってきた旦那は「Hi, honey. I’m home.」とよく言います。これは日本語の「ただいま」に似ていると思います。僕は子供のころ、「Honey, I shrank the kids.」という映画が人気ありました。日本語のタイトルはミクロキッズでした。その映画で、ある少し変わった科学者がレーザーで子供を縮小化させました。そして、奥さんに私たちの子供を縮小化しちゃったと告白しないといけない時に「um, honey, I shrank the kids」という非常に気まずいことを言います。

honeyに似ている愛称があります。たとえば、「sweetie」、「darling」、「pumpkin」です。

Honey, we need to talk.
ダーリング、ちょっと話したいことがある。

Hi honey. You want to order in pizza tonight?
ねえ、今夜ピザのデリバリーにしない?

1 個のコメント

  • 超人気【楽天市場】
    高品質とリーズナブルで販売
    超安値登場!品質保証、最安値に挑戦!
    オンラインストアオファー激安輸出
    オンラインストアは、ご来店ありがとうございます.
    【超人気新品】即日発送,品質100%保証!
    【新商品!】☆安心の全品国内発送!
    激安通販!☆安心の全品国内発送!
    激安全国送料無料!100%正規品!
    激安販売中!
    高品質と最高の専門の顧客サービスと
    手頃な価格でお好きなもの
    芸能人愛用『大注目』
    今、私たちは安価な高級品海外通販しています。
    私たちは、デザイナーの多数な選択を運ぶ

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。