ヒラリー・クリントンのメールでくだけた英語を勉強しましょう。

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。


今日はアメリカの選挙があるので、オバマ氏の国務長官のヒラリー・クリントンの英文メールについてのサイトを紹介したいと思います。最近アメリカでは、Texts from Hillaryというサイトが人気になりました。textsは携帯のメールという意味です。ヒラリー・クリントンは携帯をちょくちょくいじっていることが有名で、その姿を何度も写真に撮られています。それを見た国民たちは、ヒラリーがどんなメールを打っているかとても気になっていました。なぜならヒラリーは国務長官なので、きっと機密情報を沢山扱っているはずだからです。そこである人たちはTexts from Hillaryというサイト作り、ヒラリーがどんなメールを打っているかをふざけて当て始めました。特にヒラリーが若者のフレーズを使っているような書き方をすると、このサイトはたちまち人気が出ました。このサイトは面白い上に英語でのメールの書き方の勉強にもなるので、皆さんも是非見てみて下さいね。

最近、ヒラリーはこのサイトの噂を耳にし、サイトの経営者にメッセージを送りました。その時まで全部のサイトのメールは偽物でしたが、ヒラリーの本当のメールを投稿し、サイトはやっと本当のヒラリーのメールを投稿するようになりました。
ヒラリーの送ったメッセージは以下の通りです。

“sup Adam, nice selfie Stace.”

sup:what’s up の略
selfie:自分で自分を撮った写真
Adam, Stace:サイトの経営者の名前
そして、サイトの経営者はこれらの返信をしました。

“omg…. busted”

omg:oh my Godの略
busted:バレたという意味
つまりこのメールは、「やばい、ヒラリーにこのサイトが見つかった」という意味ですね。

“sry Hillz”

Hillz :ヒラリークリントンの略
sry:sorryの略
くだけた英語やスラングに馴染みがないと、たまにメールの英語を違う意味や違う言葉として捉えてしまう場合もあるかもしれませんね。
サイトを見たい方は以下のアドレスをクリックしてください。
http://textsfromhillaryclinton.tumblr.com/

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。