OMGの意味とは、英語でのインターネットスラングの使い方

OMGの意味はなんでしょう
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

OMGはインターネットでよく見かける略語ですが、OMGの微妙なニュアンスとoh my Godの違いを説明します。

OMGの意味と使い方

OMGはoh my Godかon my goshの略語で、自分の興奮や驚きの感情を表します。多くの場合OMGはこの興奮と驚きが入り交じった感情です。例えば、Amazonでオンラインショッピングをしていてとても可愛いワンピースを見付け、Facebookなどで完璧なワンピースを見つけたということを伝える時には、OMGを使えます。例えば

OMG, I just saw the cutest dress.
やばい、超絶可愛いワンピース見付けちゃった。

OMGを使っている人は誰でしょうか?

OMGはどちらかというと少し女性っぽいフレーズで、若い女性がよく使うイメージでしょう。最近はメールやインターネットのチャットだけではなく、会話でも使われるようになりました。その時はO・M・Gの一文字ずつ発音します。

OMG, I can’t wait to go to the party tonight.
ハンパないよ、今夜のパーティー超楽しみ。

OMGと Oh my Godの違い

ここで注意してほしいのが、OMGはOh my Godの略語ですが使い方が少し異なるということです。まずOh my Godのほうは老若男女問わず使われているフレーズです。そして両方のフレーズで興奮や驚きを表現出来ますが、oh my Godの方はとても大きな出来事に対しても使えます。特に、ひどい目に遭った時にOh my Godと言う外国人が多いでしょう。例えば9/11のテロ事件の時、多くのアメリカ人はoh my Godと口にしました。これに対して、OMGは軽い単語で、大きな出来事が起きた時は絶対に使わないスラングです。

ちなみに、アメリカで最も人気のあるセレブのサイトはOMG!と呼ばれています。なぜなら、そのサイトのニュースを読むと、思わずOMG!と口に出してしまうくらい驚いてしまうからです。

OMGの意味はなんでしょう

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

6 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *